自然・季節のたより
鳶の餌付け
YouTubeでも動画が投稿されていますが、毎朝8:40くらいから行われる鳶の餌付けは、もう30年来続けている日常のことです。今まで事故は一切ありませんが、お客様は危険のない場所で、スタッフの指示に従ってごらんください。
板敷川の鴨
photo
ホテル前を流れる板敷川で、いつの間にか住み着いた鴨の群れをご覧いただけます。
秋に飛来し春先には居なくなった鴨が数年前より繁殖するようになりました。
5月頃には小鴨を引き連れて泳ぐ鴨の姿が楽しめます。
鳳来寺山
photo
鳳来寺山の標高695m
春は新緑、夏にはキャンプ、秋には山肌一帯を覆う紅葉の中でのハイキング、冬は花祭りなど、四季折々さまざまな表情を見せ親しまれている山です。
彼岸花の群生地〜古戦場を彩る初秋の真紅〜
photo
秋になると、設楽原決戦場跡や武田信玄ゆかりの野田城址一帯に、彼岸花の真紅が広がります。かがり火にも似た花茎は、なぜか切ない郷愁を誘います。秋晴れの元では、実り始めた黄金色の田を背景に、彼岸花の真紅がいっそう映えて見えます。開期は比較的長く、8月下旬から9月中旬まで。新城市内でも多くの群生地があります。
天正のいにしえを偲ぶ 月見の宴
photo
初秋の風に吹かれながら管弦の遊びに興じる鳳来流の観月会。
例年、狂言、琴、中国琵琶、尺八、和太鼓集団志多ら、長篠陣太鼓の上演の他、夜店、抽選会などの催しが行われる。
富永神社祭礼能 〜山里城下に響き渡る祭囃〜
photo
富永神社の祭礼はこの地方を代表する祭りで、能や笹踊り、花火などが奉納されます。なかでも境内に設けられた舞台(江戸後期築)で町衆のみで演じられる能は、この地方唯一のもので格式と伝統を誇ります。新城の能は、長篠の合戦で功績のあった奥平信昌がこの地に築城した祝いに能楽師を招いて演じられたことが始まりとされています。